2017年5月7日日曜日

残酷なシャッターチャンス

あすはわがみ【明日は我が身】
いつ自分自身のことになるかわからないということ。
出典:三省堂 大辞林 第三版
ゴールデンウィークに、このことを身を以て体験しました。

5月4日、 夫と二人で京王多摩川にある「京王フローラルガーデンアンジェ」へ
花の写真を撮りに行きました。
京王フローラルガーデンは手入れの行き届いた庭園でありながら、
さほど混んでいないので、私のお気に入りのスポットです。

夢中になって花の写真を撮っていたら、右腕にトンッと何かがぶつかる感触が……。
周りにぶつかるようなものはないし、何だろうと右腕を見ると、
鳥のフンがべったりと付いていました。


以前友人が鳥のフンを落とされた話を聞いたことはありましたが、
自分の人生で同じ目に遭うことは絶対にありえないと信じていました。

にもかかわらず、落とされたという事実に軽くパニックになる私。
その隣で笑いをこらえ、カメラを向けようとする夫。
シャッターチャンスとは、時として残酷なものですね。

汚れた上着を脱いでブラウス一枚になった肌に、
風がスースーと吹き抜けました。

2017年4月4日火曜日

シナモンロールのこと


ヘルシンキで食べたシナモンロールが忘れられません。
どっしりとかみごたえのある生地にはほんのり塩気があり、フィリングの甘さと組み合わさってやみつきになります。生地に混ざったカルダモンの粒が香りと歯ざわりが効いていて、フィリングはしっかりと甘く、コーヒーの苦味と合います。
アメリカのものとはちがう、どっしりと力強いシナモンロールです。

噛みしめるたびにヘルシンキののんびりした空気を思い出すシナモンロールが食べたい!
ほぼ日にある、飯島奈美さんのレシピで作ってみました。
ほぼ日刊イトイ新聞- かもめとめがねのおいしいごはん「かもめ食堂」のシナモンロール

感想

生地はふわふわ軽い食感で、どこかたよりない味でした。
巻き方が少なかったため、シナモンの香りが弱かったです。

生地も中身も全体的に淡白な味でした。
コーヒーと一緒に食べたら、コーヒーに風味を全部持っていかれること確実です。
形はつぶれた形になりませんでした。

今日イチ形良くできたもの


原因

生地のたよりなさ・・・塩を入れていなかった。
シナモンの香りが弱い・・・巻きが少なかった。
形が悪い・・・台形に切る時の角度が直角に近かった。

改善点

生地に塩を加え、味にメリハリをつける。
かみごたえのある生地になる粉の配合を見つける。
幾重にも巻く。そのためには、生地を薄く伸ばす。
つぶれた耳の形にするには、台形の角度を60度くらいにする。

その他

このレシピだと大量にできてしまうので、量を半分にしたほうがよかったです。
次は別のレシピで試してみます。

2016年8月25日木曜日

「KANA’S STANDARD 2」のパターンでブラウス&タイトスカート


ソーイングの本「KANA’S STANDARD 2」のパターンを使い、秋に向けて今から着られるブラウスとスカートを縫ってみましたよ〜。 この本では、5月にワンピースを作りました。普段着だけでなく、ちょっとしたお出かけにもバッチリ&洗濯機で洗えてすぐ乾くため、週1回のペースで着ています。

ブラウス


生地はnaniiroのダブルガーゼを使用。淡いグレーとグリーンが混ざり合い、シルバーラメが所々ほんのり乗っている柄です。本をちゃんと読んでいなかったので、1.1メートルしか買わず(本当は1.5メートル必要)袖丈が2センチほど短くなってしまいました。
パターンは以前作った白いブラウスと同様、袖を少し細めに修正しています。

タイトスカート


生地はコットン100%のチノクロスを使用。タイトスカートといえば女教師という連想からで黒板色をチョイス。これで植物園にいったら保護色で草花に紛れられるかしら…。 こちらも1.2メートルしか買わないという適当さ(本当は1.6メートル必要)。なんとかやりくりしましたよ…。

後ろベルト部分はゴムが通っています。チノクロスは張りがあるのでゴムを通すのに力が要り、何度もやり直しました。

もう少し張りが少なくて柔らかいウールやライトオンスのデニムの方が扱いやすかったかなあという印象です。

着てみた


ブラウスの裾をINして女教師っぽくしました。ハイウエスト・ウエストマーク・タイトシルエットのお陰でいつもよりスタイルが良くみえます(嬉)!! スカートの前タックのしつけを取った方が、生地の広がりが出てお腹がスッキリすることが分かりました。やっぱり仕様はちゃんと守ったほうが良いですね。


やっぱりこの本は使える


今の気分をうまく取り入れたデザインと、3~4時間くらいでささっと作れる気軽さが気に入り、5着も作ってしまいました。一冊でこんなに作ったのは初めてです。
次は冬にも使える羽織りものなんかもいいなあ。(夢広がり中)

2016年8月2日火曜日

手帳カスタマイズ・ポケット追加で仕分け上手



ちょくちょく貰うチラシやDM。忘れないように手帳の中に挟んでおきたいのですが、あれもこれも一つのポケットに重ねてしまうと、ポケットがパンパンになってしまうのが地味に悩みでした。一つのポケットには一つのチラシ(orDM)とスッキリ分けたいのに、私の手帳にはポケットが片面に一つあるだけ! なので、ポケットを増設することにしましたよ〜。
お店で専用ポケットも売っているけれど、これ、家にあるもので作れんじゃないかと思たち、作ってみました。


材料 




手帳、封筒、はさみ、のり


作り方



封筒を適当な長さに切ります。


 取り付ける箇所を見ながら、ちょうどいい幅にアールをつけながら切ります。


 裏面にのりをぬります。


貼付けます。ここまでの作業時間3分!
こんなに簡単にカスタマイズできるなんて、もっと早く気づけばよかった…。


のりが乾いたら完成です。ハガキがしっかり収まるサイズです。

まとめ


今回は長形3号サイズの封筒を使いました。大きめの封筒を用意しておけば、どんなサイズの手帳でも切って調節できるのでおすすめです。 今回は接着面がデコボコしないようスティックのりを使用しました。両面テープでももちろんOKです。使っているうちにのりがはがれてきたら、両面テープで補強するかもです。
茶封筒でも機能的には全く同じです。少し厚手のものを使った方が丈夫で長持ちします。 

毎日持ち歩く手帳。ポケットひとつで小さなストレスが無くなるなんて、嬉しいです。同じお悩みをお持ちの方は是非お試しくださいませ〜。

2016年7月20日水曜日

横浜「景徳鎮」 宇宙に近づける麻婆豆腐は顔に汗をかかないミラクル麻婆豆腐だった



全マ連(全日本麻婆豆腐愛好連盟)という、麻婆豆腐を愛するマーボードーファーおすすめのお店がアップされているブログがあります。マーボー愛にあふれた味の描写はホットでユーモラス。これを読むだけでごはんが進みそうな勢いです。

景徳鎮 (横浜中華街) : 麻婆豆腐食べ歩き「全マ連」 日本一のチャイナタウン、横浜中華街。ここには数多くの中華料理店がひしめきあっている。中でも、麻婆豆腐を愛し、日々、朝・昼・晩と、ゆりかごから墓場まで麻婆豆腐を食べ続ける、ハードコア・マーボードーファーからの支持を一点に集めるお店がこちらだ。お店の blog.livedoor.jp

そこで「確実に宇宙に近づける」と称されていた麻婆豆腐を体験してきました。


横浜中華街「中国名菜 景徳鎮」



元町中華街駅から中華街東門をくぐり、中華街大通りから市場通りに入って30秒ほどのところにあります。 食べ放題のお店がひしめく中、一品料理をメインに張っている硬派な店構え。

麻婆豆腐で宇宙に近づけるか!?



ランランチメニューの四川麻婆豆腐かけご飯(1000円+税)。

山椒がビリビリしびれますが、ひき肉に旨味があるのでちゃんと味が認識できる!! 普段は顔から汗が吹き出してタオルがドロドロになってしまうのに、今回は汗をかかずにさらさらフェイスで完食できました。おそらく唐辛子の辛さは強くないからなのでしょう。女優じゃなくても化粧くずれが起きませんよ〜。さらにスパイス効果か、夕方くらいまでお腹の中がポカポカしていたのが地味に嬉しかったです。

ただ辛いだけ・ただ痺れるだけ、という麻婆豆腐は多いけれど、こちらは刺激と旨味が両立する貴重な一品でした。ううむ、宇宙に近づけた…かも!?
夜は一品料理のメニューにありますので、是非2~3人でシェアしてみて下さいませ。

景徳鎮 住所:神奈川県横浜市中区山下町190
電話:045-641-4688
開館時間:11:30~22:00(月~金)、11:00~22:00(土日祝)
アクセス:みなとみらい線、元町・中華街駅徒歩6分、JR根岸線、石川町駅徒歩7分
HP:http://www.keitokuchin.co.jp/